おすすめの美容サプリメントランキング » 【特集】美容サプリメントの選び方

美魔女ご用達!年齢に負けない美容サプリメント特集

【特集】美容サプリメントの選び方

美肌により効果的な美容サプリメントの選び方や、おすすめの美容成分について紹介しています。

ココに着目したい!おすすめの美容サプリメントの選び方

美容サプリメントを購入する前に、サプリ全般で共通する大事な基準をおさえておきましょう。

 複合型サプリか単体型サプリか

栄養成分は、単体では効果がありません。他の栄養成分と一緒になって働く性質があります。
例えば、Aという成分の効果を得たい場合は、Aの働きを補助するBという成分が含まれているかどうかを確認したほうが良いでしょう。

 天然成分か合成成分か

同じ成分でも、天然由来か工業由来かによって吸収率は異なります。もちろん、天然由来の成分のほうが体内の吸収率は良く、その分、美容効果も期待できます。

 成分表示がしっかりしているか

どんな成分が含まれているのか、なるべく細かく公表しているサプリを選びましょう。
アメリカとは違い、日本にはサプリの成分表示に関して厳しい法律がありません。曖昧な表示を利用して、粗悪な製品が出回る可能性があるので注意が必要です。

皮膚科でも推奨される美容成分とは?

おすすめの美容成分として、以下のビタミンが効果的です。ビタミンには水溶性のものと脂溶性のものがあり、水溶性のビタミンは過剰摂取しても尿となって排出されるので問題ないとされています。
しかし、そうは言っても稀に下痢が起こることもあるようなので、基本的にビタミンの過剰摂取は避けたほうが良さそうです。

 ビタミンC

水溶性のビタミンCには、厚労省お墨付きの美容効果があり、美白効果も期待されています。
ビタミンCのサプリは、ドラッグストアや通販などでも多くの種類が販売されていますが、医師から治療薬として処方してもらったほうが格安で済む場合もあります。

 ビタミンE

ビタミンEの抗酸化作用は、肌の老化を遅らせたり、シミなどを作りにくくする効果があります。脂溶性ビタミンなので、過剰摂取すると身体への影響があるため、サプリは定められた用量だけを飲むようにしましょう。

 ビタミンD

肌の新陳代謝を促し、肌に適度な水分量を持たせ、ハリを保ちます。また、ビタミンDは、シミの改善効果もあるとされています。ビタミンEと同じく、脂溶性ビタミンなので過剰摂取には注意しましょう。

 ビタミンH

水溶性のビタミンH(別名:ビオチン)には、皮膚の健康維持や筋肉痛を緩和させる働きがあります。そのほか、肌荒れの予防、乾燥肌の改善、肌の再生産などに効果があります。

その他のおすすめ美容成分について

 コエンザイムQ10

生きるために必要なエネルギーを生成する「酵素」をサポートしています。抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や糖尿病、生活習慣病の予防などに効果的です。

 コラーゲン

肌のキメを細かくし、潤いを保つ効果があると言われています。
口から摂取したときの効果には様々な意見があるようですが、口コミいわく、肌の状態が改善したことを実感している方もいます。

 ヒアルロン酸

細胞と細胞をつなぎ合わせるような役割を担っている成分です。この成分は年齢とともに減少していくため、外部から摂取するしかありません。口から摂取すると一定の効果が期待できます。
その他のヒアルロン酸の用途としては、美容皮膚科や美容整形外科でシワとりの方法として、注射などを使いを皮膚に注入したりしています。

 プラセンタ

馬や豚などの胎盤を原料とした健康食品。プラセンタという単体の栄養素があるわけではなく、多くの栄養素の複合体を指しています。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸なども豊富なため、複合型サプリメントとして美容効果が期待できます。

人気の美容サプリメントおすすめランキングはこちら>> 

このページの先頭へ