おすすめの美容サプリメントランキング » 【番外編】ローヤルゼリー

美容サプリのアンチエイジング成分特選ガイド

【番外編】ローヤルゼリー

美容サプリメントとして人気のローヤルゼリーの特徴や効果、副作用の可能性について解説します。

美容サプリ成分・ローヤルゼリーってなに?

ローヤルゼリーはミツバチの分泌液からなる、天然由来の健康食品です。
若い働き蜂が食べた蜂蜜や花粉は、体内で分解・合成されます。その後、蜂の上顎と下顎にある咽頭腺や大腮腺から、白いクリーム状の液体となったローヤルゼリーが分泌されるのです。

通常、ミツバチは孵化する時に花粉や蜂蜜を食べて育っていくのですが、一部にローヤルゼリーだけを食べて育っていくミツバチがいます。
ローヤルゼリーだけを食べて育つミツバチは、他の普通のミツバチに比べて数倍も体が大きく、寿命は約40倍にもなります。このミツバチのことを、一般的に女王蜂と呼びます。
卵の段階では同じ生体なのに、食べ物が違うだけで普通の蜂と女王蜂、異なる2種類の蜂に育つのです。
このことから、ローヤルゼリーにはなんらかの大きな力が潜んでいると考えて良いでしょう。

ローヤルゼリーの美容効果

ローヤルゼリーには、疲労回復、食欲不振への効果、血圧・血糖値・コレステロール値を下げる作用、動脈硬化の予防、免疫力の向上、滋養強壮、冷え性改善など、40以上の効果が確認されています。
なかでも、注目したいのは美容効果。ローヤルゼリーは肌の状態が良くなると評判の成分です。

ローヤルゼリーには、成長ホルモンの一種である類パロチンが含まれています。類パロチンは、唾液に含まれる成分であるパロチンと似ている成分のため、そう呼ばれます。
類パロチンとパロチンはハリや潤いのある肌にしたり、アンチエイジング効果が高いことで注目されている成分です。
しかし、唾液成分のパロチンの場合は、20歳を超えると生産量が減ってくので、肌にハリがなくなってきます。これがいわゆる、肌のピークである「25歳はお肌の曲がり角」と言われる由縁です。
そのため、美容サプリメントなどで類パロチンをローヤルゼリーとして摂取する必要があります。

そのほか、タンパク質の一種であるアピシンという成分もローヤルゼリーに配合されており、細胞の増殖や延命を促進するため、肌の老化を遅らせる効果があります。

ローヤルゼリーに副作用はあるの?

天然由来の成分であるローヤルゼリーに副作用はない、という見方が一般的です。
ただし、以下のような方の場合は、下痢などの副作用が起こる可能性があるとされているので、摂取する前に医師に相談することをお勧めします。

 食物アレルギーである

かゆみや蕁麻疹などが起こる「卵アレルギー」に類似した症状が報告されています。発症例はごく少数であり、ローヤルゼリーが直接の原因であるかどうかは、まだ分かっていません。

 10年以内に蜂に刺されたことがある

アナフィラキシーショック(急激な血圧低下と呼吸困難)を起こす可能性があります。これについても、国内では9名の発症例があるという報告もありますが、ローヤルゼリーが直接的な原因であるかどうかは不明のようです。

このページの先頭へ