おすすめの美容サプリメントランキング » プラセンタ

美容サプリのアンチエイジング成分特選ガイド

プラセンタ

メラニンの排出やターンオーバー正常化などプラセンタの美容効果を解説。効率よく摂取できる美容サプリもピックアップしています。

美容サプリ成分・プラセンタの働き

美容成分として非常に人気の高いプラセンタ。高級成分というイメージがありますが、最近は低価格のものも出てきて、身近なものになってきました。

プラセンタとは、哺乳類の赤ちゃんを成長させる胎盤のこと。

胎盤は、赤ちゃんが母親のお腹にいる間、赤ちゃんに必要な栄養素のすべてを供給し、また赤ちゃんを成長させるために不可欠な成長因子と呼ばれる物質を与える役割を持った、非常に重要な器官です。

赤ちゃんは生まれてくるまでの約10ヶ月間で、たった1つの小さな受精卵から、人の形になるまで、ものすごいスピードで成長しますよね。

その成長に必要なあらゆる栄養供給や機能的サポートを、すべて胎盤1つで行っているのです。

そのため、胎盤(プラセンタ)には実にたくさんの成分が含まれており、成人の健康、美容への効果も期待されています。

プラセンタに含まれる主な成分は、アミノ酸、脂質、糖質といった3大栄養素はもちろん、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素、そして成長因子(細胞増殖因子)などです。

プラセンタは古くから漢方などに使われていたと言われていて、医療の分野でひろく利用されてきました。しかし近年は、アンチエイジングの効果に注目が集まり、化粧品や美容サプリメントとしても使われています。

サプリメントやコスメなどに使われるプラセンタは、豚や馬などの動物由来のものが多いですが、良くない状態で育った動物からとられたプラセンタは不純物が多いなど、品質に問題があるため、育成環境が重要と言われます。
そのため、最近では植物由来のプラセンタを用いるものも増えています。

植物性のプラセンタは、植物の胎座(動物の胎盤と同じような働きをする部分)というところから抽出されます。

植物性プラセンタには、動物性プラセンタの特徴である成長因子は含まれていませんが、コラーゲンなどが豊富で、病原などの心配がなく安心と言われています。

プラセンタの美容効果

さまざまな成分を含んでいるプラセンタは、美容に関する効果も多様で、さまざまな面で活躍してくれます。

プラセンタの主な美容効果は、以下のとおりです。

 新陳代謝活性化

プラセンタには、体の細胞分裂をコントロールする成分「成長因子(細胞増殖因子、またはグロースファクター)」が含まれています。

この成長因子は、古くなった細胞やダメージを受けた細胞の細胞分裂を促す成分です。

そのため、成長因子が豊富に含まれるプラセンタを摂取することで、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が活性化され、肌がきれいになると言われています。

 美白作用

プラセンタには、シミやくすみのもととなるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

また、新陳代謝が活性化されて、色素が沈着してしまった細胞が生まれ変わりやすくなるので、すでにできてしまったシミやくすみの改善も期待できるのです。

 活性酸素除去作用

体の老化の原因は、活性酸素が細胞にダメージを与えることによって起こる「酸化」であると言われています。

プラセンタには、この活性酸素を除去する働きがあることがわかっていて、強い抗酸化作用があります。

 しわ、たるみの改善

プラセンタに含まれる成長因子のなかには、繊維芽細胞増殖因子(FGF)というものがあります。

繊維芽細胞とは、皮膚の真皮層でコラーゲンを作り出す細胞のこと。

つまり、プラセンタを取り入れることで、コラーゲンの生成が促進され、肌にハリが出てしわやたるみが改善されるのです。

 ニキビの改善

プラセンタは、抗炎症作用も持っています。

そのため、ニキビの改善効果が期待できるほか、日焼けなどのダメージケアにも有効です。

そのほか、血行促進による冷え性改善、疲労回復、肝機能向上によるデトックス、免疫力アップ、自律神経正常化、ホルモンバランスを整えるなど、健康面も含めたさまざまな効果がプラセンタには期待できます。

プラセンタの安全性・副作用

これだけ効果の高い成分だと、そのぶん副作用も大きいのではないかと心配になりますが、プラセンタはもともと胎児を育てるものですから、人体への副作用はほとんどないと考えられています。

医療機関でも、更年期障害や肝機能障害、精神疾患など、幅広い治療分野で実際に利用されていることから、安心して使えるものであることがわかります。

ただし、化粧品やサプリメントなどに使われているプラセンタは、ブタや馬など、動物由来のものがほとんど。

環境管理がきちんとされていない動物のプラセンタは、品質が落ちますし、万が一の場合、病原体が潜んでいる可能性も否定できません。

実際には、過去にプラセンタが原因で感染症が確認された例はありませんし、加工の際の殺菌処理や、種族による体質の違いなどから、プラセンタによる感染症の可能性は低いと言えます。

ですが、良質なプラセンタを選ぶためにも、プラセンタを使った製品を購入するときは、使われている動物の飼育環境や品質管理も、念のためチェックしておくとベターでしょう。

プラセンタを含むおすすめ美容サプリ

潤貴妃 商品名 『潤貴妃』
価格/内容量 3,996円(税込 ※初回) / 30包
主な成分 燕の巣、プラセンタ、イチゴ種子抽出物、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、酵素、ビタミンC、グルコサミン、コンドロイチン、Ⅱ型コラーゲン etc
特徴 細胞再生力を発揮するEGFをふんだんに含んだツバメの巣を使用。その効果をさらに強めるプラセンタも配合。ポリフェノール、ヒアルロン酸をはじめコラーゲンなどもたっぷり配合されています。

バラプラリッチ 商品名 『バラプラリッチ』
価格/内容量 5,400円(税込) / 30包
主な成分 バラプラセンタエキス、ローズヒップ、ローズヒップエキス、プロテオグリカン、ダマスクローズ油 etc
特徴 ダマスクローズから抽出した植物性プラセンタを使用。バラの香りのするプラセンタサプリメント。
このページの先頭へ